田舎でも充実した生活を歩むまでの軌跡

田舎オタクの出会い

長岡の街コンの体験談

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ついに行ってまいりました、街コンに。因みに駅前の白木屋で行いましたが、結構狭くて移動が大変でした(笑)

一人での参加でしたので非常に緊張をしてましたが、会場に着けば覚悟が決まったのか、落ち着きました。

結構一人参加者が多く、男性女性共に友達で来る人達と一人で来る人達等半々位で、意外に楽しめました。

それでは体験談と街コンのメリットデメリットを紹介します。

街コンポータルというサイトで街コンを探して登録していってきました!

登録自体は簡単ですので、割愛します。

各都道府県を網羅してますので、大体の街コンイベントに参加できます。

この中で新潟地域は新潟市と長岡市でしか開催しておらず、自分の住んでいる所から長岡で1時間ちょっと掛かる距離。

なのでお酒はNGというハンデを背負ってました。

やはりお酒はコミュニケーションの潤滑油です。飲みにケーション否定派の自分ですら、こういった場のお酒には賛成です。

何故なら口がちょっとだけ軽くなるからです。

あまり飲むと要らんことも口が滑り過ぎてしまいがちですが、適度な酒量は活舌にしてくれますので助かります。

なので、近くに街コンがあれば間違いなく少しでもお酒を飲んだ方が楽しめますし、女性も楽しめます。

どちらも楽しめれば次に繋がる可能性が高まります。

そんな懸念がある中、長岡を調べると……

男性枠3月末まで既に一杯

こちらは一例なんですが、男性の方は完売の為調整中という表記が、女性は応募受付中の表記が。

そうです。男性の枠は早々に埋まります。これは男性応募数に対して女性が少ないのです。

常連さんの話を聞く限り男女比率が1:1が理想だけど男女比、女性が1で男性が1,5はザラだそうです。

今回自分が参加したのはアラサー込んで25~35歳までの男女でのイベントでした。

たまたま空きが出来た所を滑り込みで参加枠をもぎ取った形で、これは行かなければとなりましたが、本来殆ど空かない印象です。

アニメコンに至っては即日男性枠が完売します。なので、田舎のオタクの男は結構アクティブな人達という印象です。

ですが、そんな中参加しました。

参加女性は11人程で男は18名程だと記憶してます。

女性で可愛いや綺麗な子は2名でした。その方とも連絡先を交換してますが

連絡しても既読にもならないです(笑)

つまりは惨敗なのですが、そんな中でも色々と体験できたので体験を踏まえレビューやアドバイス等をしていきます。

事前準備

プロフィールカードを用意しているという事で、きっちりとペンを持参しつつ、ヘアスタイルセット、香水などを付けて出陣しました。

集合の30分前から受け付け開始という事で、30分前キッチリにチェーン店のお店の中に入ります。

レジの付近に既に係りの人と思わしき人が居たので

「街コン参加者なんですが」

という一声を掛けて受付を済ませました。

そうして着席して待つ事40分程。

人が中々集まらなくて不安でしたが、予定時間を超過しつつ始まりました。

その男女比が

男2に女性1程の比率でした

さらに

プロフィールカード無し

うん、詐欺カナ?と思ったのは行き過ぎじゃないと思います。

7500円払って男女比が二倍以上も違う街コンにお金を払う価値は無いかなぁ

と率直に思ってしまいましたし、常連さんの話では違うイベントと何故か合同にやるという事態になっていたそうで

途中から男性が更に多くなったという体たらくでグダグダでした。

開始からの流れ

まずは最初の席の女性達と乾杯をします。ドリンクは係りの人が指示を出しますので、それに従います。

乾杯前でも女性の方が席に着いたら、こんばんはやこんにちはと挨拶をして雑談に入ります。そうして開始になるまでお互いの情報等も交換しておきましょう。

開始時間になりましたら乾杯をして女性達と話しましょう。

テーブル内での会話なのでグループディスカッションの様な物です。

全員に分け隔てなく話を広げたり巻き込んだりして場を盛り上げたり、質問をしてなるべく会話が途切れない様に話します。

この時気を遣ったりしましょう。印象に残る様な行動をしないと連絡先交換しても相手にこいつだれだっけ?っていう感じになってしまいます。

係りの人が「時間です、指示を出しますので男性が席の移動を宜しくお願いします」という形で発言をしますが、その前に本来であればもう少しで移動しますというアナウンスがあります。

そこで連絡先を交換しませんか?と提案て、全員が連絡先を交換するという流れを作りましょう。

初対面なので余程の事でない限り拒否されません。交換は主にLINEなのでLINEは入れておきましょう。

そうして席を移動して、移動先のテーブルに着いている女性と会話をします。この時話題は最初の女性としたものと同じでも全然大丈夫です。

フリータイム

ある所と無い所があるのか、自分が参加したイベントには無かったです。

なので二次会等係りの人に誘われましたが、誘いたい方が居たのですが、フリータイムが無い為直接最後の時まで話せず、誘いづらい環境でした。

フリータイムがある街コンイベントの方が間違いなく二次会に誘えます。

というより二次会に誘ったもの勝ちです。なので、フリータイムが無いといいなと思った女性を誘える流れ出は無いので、フリータイムがあった方がいいです。

具体的には対面している子を無視して勝手に席を立ち、違う男性と話している女性に対して二次会行きませんか?と言える度胸があれば話は別です(笑)

服 装

カジュアルで十分でした。婚活パーティーであればスーツが必須かと思いますが、街コンなのでカジュアルで十分です。

冬だったので自分はシャツの上にニット、マフラー、チェスターコートにジーパンでちょっと洒落た革靴でした。

ラフすぎる人は居なかったため綺麗目に仕上げれば間違いが無いと思いますが、そこまで意識しなくても大丈夫かなと思いました。

連絡先を聞くコツ

ストレートで大丈夫です。

「連絡先、交換しませんか?」

これだけで大丈夫です。自分も全員と連絡先を交換しました。

しかし、そこで悩みが。

この人、どんな人だっけ……

気になった人の名前が思い出せない。

そんな状況に陥ると思います。

そんな時は気になる女性にLINEスタンプを送りましょう。

全員に送らないと何だか失礼かなと思う人は、気になる人だけLINEスタンプを特別な物に変えれば大丈夫です。

また、顔と名前が一致しなくても気になる女性なので会った時に自分の中で一致させればいいのです。

席替えは結構早いので、携帯を弄っていると次の方の迷惑にもなりますので、LINEスタンプで目星を付ければ手間も要らないですし、相手も返してくれるかもしれません。

総 評

結論から言えば

まだ出会い系の方が良い。

これです。

7500円だとハピメやPCMAXだと2ヵ月ちょい利用できます。

月額制だと+2000円で3か月利用できます。

対して街コンは出会える人数が10人前後で必ずしもあなたにとって良い女性が来るとは限りません。

世の中には本当に色々な人が居ます。

更にいうなれば、気に入った人が居ても貴方に興味を持つかは実力と顔と運次第です。

そして2時間以上は時間を取られますし、場所も決まっています。

自分は往復2時間半、イベント2時間の計4時間半を費やして成果は0です。

つまるところ

結構効率が悪い。

これに尽きます。更に自分よりハイスペックがその会場に居れば殆どの女性はそのハイスペック男にしか興味が行かないのが現実です。

それを挽回するのにはコミュニケーション能力を鍛えるしか無いです。

しかし、コミュニケーション能力を鍛えるのは難しいです。

そこでどちらも気軽に満たせる出会い系の出番です。

出会い系やマッチングアプリで女性と会話し、出会い、経験値を溜めた上で月1回程参加するのならありかなと思います。

こちらの記事に自分が利用した中でのオススメ出会い系5選を紹介してます。

敷居は断然出会い系やマッチングアプリの方が低いです。

彼女作りたいけど、対面で話すのは苦手な方は是非出会い系等から女性に慣れて行ってから挑戦した方が確実に良いです。

あまり会話無く終わるのも寂しいです。故にこういった出会い系を利用して女性慣れや会話の経験値を溜めて、街コン等を利用していきましょう。

それでは。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 田舎オタクの出会い , 2019 All Rights Reserved.