田舎でも充実した生活を歩むまでの軌跡

田舎オタクの出会い

30代年収300万で恋人・結婚相手を作るたった2つの手順

 
この記事を書いている人 - WRITER -

年収というのはその人の努力と運の指標であり、やはり高ければ高い程婚活市場、恋人など作る際に間違いなく有利となるのは皆さんお分かりかと思います。

年収300万というより年収400万未満の男性は正直低年収というのは否めません。いくら固い職業であろうと、やはり400万以上は欲しい所です。

国税庁|平成29年分民間給与実態統計調査

上記の国税庁の調査では正社員で二人に一人は年収400万以上というのが現実で、400万未満も二人にひとりというのが日本の現実です。

田舎等で親から家を継ぐという形であれば年収300万でも十分に生活が出来ます。これは新築の家を建てると月5~8万の支払いが生じます。

ボーナス払いを入れれば年間120万ほどの支払いが発生する中で年収300万だと手取り年収250前後なので、約半分はローンに消える事に成ります。

残りの130万だと月10万ほどしか使う事が出来ない為、生活は非常に厳しい物になります。この状態では子供は作れませんし結婚は難しいでしょう。

子供の事とマイホームのローンを考えれば年収最低400万以上欲しいのは頷けます。

簡単に調べれば女性が男性に求める年収として1位が500万。2位が600万か300万という結果が見て取れます。

マイホーム資金年120万支払ったとして手取りでは280万~350万となり、500万の場合月に22万程使える計算になり600万では月に約30万使える計算となります。

それを考えれば確かに女性が理想とする年収500万は子供を望むのであれば欲しい所かなと思います。

じゃあ、やっぱり年収300万で恋人や結婚できないじゃん……

と、思いますが。間違いなく年収が低いと厳しい戦いになるでしょう。

自分も年収が低いから見向きもされていない。という事もあります。

年収はやはり400は欲しい。ですが、無い物はどうしようもないです。

であれば何で結婚や恋人を作れば良いのか。

それは結婚相談所や婚活パーティー以外の出会いです。

何故結婚相談所や婚活パーティーが駄目なのか

勿論、NGという訳では無いです。

ですが、年収300万程の男では見向きもされない場合が多いですし、言い方が悪いですが、スタイルや顔が悪い女性や売れ残りの女性、年齢が40歳以上の女性とお見合いが設定されやすいかなと思います。

ただ、まだまだ30歳前後。年収は低いけどもう少し良い人が居ないのかなぁと探すのが男心でしょう。

ですが、結婚相談所ではそういった女性とのお見合いが設けやすいです。

これは女性が年収面を妥協するくらい、苦戦している女性がお見合い相手になる場合が多いからです。

普通に考えれば年収が高い男性で性格に難が無ければ男性から見た条件が良い女性を順に娶って行くのは想像に難くないです。

また、結婚相談所は最低年収300万程ないと入会できない所もあるし、500万以下を受け付けない結婚相談所もあります。

つまりは、年収が高ければそういう男性を求めている女性が集まり、その集まった女性から良い条件で美人な女性が徐々に抜けて行くのは自明の理なのです。

婚活パーティーも年収面が良い男性に女性が群がるのは体験談や自分の体験でもそう断言できます。

勿論、性格が最低限をクリアしていればです。鼻に掛けて見下したり、全く会話が無い高年収の人は、そのステータスを全く生かし切れていないのは現実です。

が、基本的にはそういう人はあまり居ないです。

貴方の周りにそこまで性格が悪い人は居て1~2人程度でしょう。居てもその割合なのです。

それ故、最低年収400~500を希望する女性が多い結婚相談所や婚活パーティーでは女性の方が人数が多い。という現象が起こっているのです。

何故なら年収400未満の男性にはあまり見向きもしないので、女性会員は増えるけど、男性は400万以上であり、且つ学生時代などから彼女が居れば結婚相手に苦労しません。

そうすれば女性視点の良い男性が少なく、良い女性が余るという現象も起きてしまいます。

しかし、その良い女性は年収400万~500万を望んでいる層であるのが現実で、そこに年収400万未満の男性が参入しても見向きもされないのも現実なのです。

さらに次のデータをご覧ください。

結婚相手と会った場所割合(%)
職場の同僚・先輩・後輩24.1
友人・知人の紹介19.6
学校の同級生・先輩・後輩16.1
インターネット9.7
部活・クラブ・サークル7.7
合コン7.2
イベント4.6
ナンパ1.9
旅行先/お見合い1.6

全国の20代~30代の既婚男女600名(男性・女性、各300名)の方を対象に、「あなたは、パートナーとどこで出会いましたか。あてはまるものをお答えください。(1つ選択)」 アニヴェルセルより

このデータが示す通り、結婚相談所の成婚率は低い事が読み取れます。

その原因が先に挙げた男女間のすれ違いです。また、男性は若くて家庭的な人、女性は若くて経済力がある人を求めるのもすれ違いの一因かと思います。

この中で一番結婚率が高いのは

職場の出会いです。

これはお互いに年収が分かるので、年収300万でも十分にチャンスがあります。さらに仕事での愚痴や界隈等の共通の話題がある点で非常に有利に会話を進めていけるのも大きなポイントです。

とは言え、リスクも大きく職場恋愛で決裂した場合その職場に居づらいというデメリットがあります。

しかし、職場に居るからと言って直ぐに男女の仲になれるわけではありません。

会話の持って行き方、デートの仕方、女性への配慮等、女性と付き合ったことがあまりない人は職場の先輩が若い新入社員の女性に声を掛けてデートしている姿を涙をのみながら見ているしかありませんでした。

また次に高いのが

友達からの紹介です。

これはそういった友達が居れば恐らく付き合った事が有ったり、リアルが充実している男性諸氏だからあまり解説はしません。

友達からの紹介というのは友達の輪が広い人の特権で、しっかりと学生時代からの繋がりを確りと保って来た諸氏の有効な手段なのでしっかり活用しましょう。

これも年収はそんなに関係ありません。

友達という事で紹介する方もされる方もそこそこ紹介する人の事を知っていたり、探りを入れたりする筈なので、紹介されたという事は諸々のステータスはクリアしている事に成ります。

後は正確や価値観が合うかどうかを見極めるためにデートや男女の関係になるという段階へと行くのです。

そういった女性を紹介してくれる知人が居ればその知人に頼るのが一番の近道かなと思います。

学校の同級生、先輩、後輩

これもそのまま続いたという感じで、特にコメントはありません。

羨ましいです。

そしてインターネット。

とは言え、インターネットもある程度ステータスを表に出すので、年収が低いと見向きもされない事が多いです。

出会い系も例外では無く、年収が高ければ高い程マッチングや出会いが多いのは言うまでも有りません。

しかし、年収だけでは無く顔や将来性も少しは見たり、イケメンと付き合いたいという女性が居たりと様々な人が交錯しているのがインターネットです。

なので年収300万でもノーチャンスというのは無いです。

以上の前提があるという事実を含めての提案です。

1.出会い系やアプリで経験値を積む

インターネットでの出会いは手軽です。

見向きもしない女性が多いですが、全員ではありません。

趣味が合う人、イケメンな人、近場の人に取り合えず会ってみようという女性も中には居ます。

また、35歳近辺の女性は年齢も年齢なので非常に積極的です。

そう言った方と会って申し訳ないけど練習をするという形でデートをし、女性への耐性や経験値を稼ぐのが女性に慣れる事において非常に有効的な手段なのです。

男性と女性は違うので、なるべくなら付き合いたいと思える女性と何とか出会い、女性経験値を溜める事が理想ですが中々上手く行かないと思います。

なので、自分が許容できる最低ラインの女性達にメッセージやいいねを送りデートやメッセージのやり取りの練習をしましょう。

許容できる女性も美人な女性も同じ女性です。美人だから難易度が高いとは思いますが、そこまで差異は無いのが現実なのです。流石に上と下では差は明確でしょうが。男も同じです。

基本的に35歳近辺の女性でもアプリしかやっていない人はかなり真剣度は低いです。そもそも本気ならアプリでは無く結婚相談所に駆け込みます。

にも拘わらずアプリのみの場合はそこまで真剣では無い証左です。

勿論、中には真剣にやっている女性も居るでしょうが、客観的に見て結婚相談所に駆け込んだ方が35歳以上なら成婚率は高いでしょう。

何故なら32、3歳がマッチングアプリでギリギリ人気が出る層で、それ以上だと子供の関係や男の悲しい性で若い女性が好まれるのが現実なのです。

勿論、40歳でもかなり美人な女性はそれなりに人気ですが、20代前半のあまり可愛くない女性にいいね数が負けている事も多々あります。

故に、男女とも出会いの練習の場として出会い系、マッチングアプリは最適なツールだと自分は判断してます。

そこで理想の女性と出会い付き合って結婚するという場合も十分に考えられますので、出会いの窓口を広げるという感覚で使用するのが良いかなと思います。

これによってチャンスが増えるのは明確なので出会い系やマッチングアプリの利用をお勧めします。

こちらの記事に出会い系やマッチングアプリのオススメをご紹介してます。

自分が出会えたのは「ペアーズ」「ハッピーメール」「ウィズ」「PCMAX」です。各々オススメとして紹介してますのでご覧いただければ幸いです。

2.職場の出会い、街コン等の合コン

出会い系で女性と会い経験値を溜めたら是非身近にいる女性に声を掛けて行きましょう。

最初は軽い食事からで十分です。何度か食事をしつつ探りを入れてデートに誘いましょう。

簡単に書いてますがかなり難しいです。しかし、出会い系で女性と接するノウハウを得た貴方なら勇気を振り絞れば大丈夫です。

二人きりのデートに行ければ相手もこちらに興味があるという可能性が高いので、何度かデートを重ねましょう。

3~4回以上デートをしたら告白をして男女の仲になる。というルートが理想です。

何故身近の女性が良いのかは、先にも書いた通り価値観や自分の年収や地域のそういった問題が分かっているからです。

なので相手を落胆させることが少なくさせる事が出来、期待値が高いまま男女の仲になれる可能性が高いのです。

もし、出会い系やマッチングアプリを経験してなければ……

これで出会い系等を経験してこず、女性経験値が足りなければデートに誘っても断られるのが落ちですし、そもそも慣れないと女性との距離感が分かりません。

笑顔を向けて喋ったから相手は俺に惚れている。二人きりでデートしたからもう俺達は付き合っている。

そういった事は無いです。断言できます。

それこそ男性が女性に慣れていない為、勝手に脳内で補正した結果を現実に押し付け逃げられる。それが落ちです。

そしてそういった男性はそこで逃げられる為全然女性を理解できませんし、更にネットの情報を鵜呑みにし、現実の女性へとフィードバックしさらに引かれるという悪循環にすらなりかねないのです。

確かに、女性は年収が良い男性を求めています。

しかし、男性も美人を求めています。同じなのです。

男には男の。女には女の世界があるのです。

そしてそういう偏見を持たない為にも様々な女性と接し様々な女性の価値観を見聞きしていけば職場の女性にもスマートに対応出来ます。

女性は中々思わせぶりな態度をとる事をします。自分も2回目のデートで抱き着かれたことがあります。それでこれは行ける!と思ったのが大間違い。

結果は「貴方と付き合うビジョンが見えない」それで終了です。

抱き着かれても惚れては居なかったのです。

その時はまだまだ女性に慣れていなかった時でした。故に女性が抱き着いて来る=こちらに好意を持って居ると解釈してしまったのです。

しかし、それは自分の勘違いで相手は全くそんなつもりで抱き着いた訳では無かったのです。

体の関係だけの間柄も居ますし、好きという感情は思った以上に複雑なのです。

そもそも婚活している女性は「恋愛」と「生活」に分けて相手を選ぶ傾向が高いので、男は好きになったから結婚するという単純な生き物ですが、女性は「一緒に生活」が出来る男性と結婚したがるのです。

そしてその中で「恋愛」の方面へ少しでも傾けば御の字というのです。

いやー……怖いですね(笑)

そんな複雑な感情を少しでも理解し、女性の立場になって考え行動できる男性は年収にあまり関係なく間違いなく人気が出ます。

そんな素敵な男性に少しでも近づけば、職場にあまり女性が居なくても、街コンなどの合コンに参加すれば女性とお近づきになる可能性も高いです。

婚活パーティー以外の街コンでは年収はあまり重要視されません。

その為人間性や話術、女性への気遣いで恋仲になれる可能性があるのです。しかし、それも女性経験値を培わなければ恋仲に発展するどころか、総スカンを食らう可能性だってあるのです。

女性の殆どは学生時代に付き合った事があります。しかし、男で付き合った事があるのは女性より割合的には少ないです。

そしてその差異は非常に大きく、女性が普通に接して欲しい事が何故理解できないのか? という感情になります。これは付き合った事があり女性への経験値がある男性は女性をある程度知ってますのでそういった枷は踏まないのです。

これも全て女性経験値があればこそです。

そして女性経験値を積むには間違いなく出会い系というツールは最適なのです。

身近な人に声を掛けるのは勇気が居るし、ナンパも勇気が居るし、同級生や後輩にいきなり連絡を入れるのも気が引けます。

そうなるとネット以外に経験値を積む方法は結婚相談所や街コン、婚活パーティー等しか無いのです。

そしてその参加費は膨大です。最低でも男は7000円程要求されますし、結婚相談所入会費は10万前後もします。

経験値が無いままそんなにお金を掛けて全然女性とお付き合いできなければ挫けるのは当たり前です。

結婚相談所に入会してコンシェルジュがアドバイスをします。しかし、アドバイスを活かすのは貴方なのです。

ずっと横に保護者の様にコンシェルジュが居る訳では無いのです。

そしてアドバイスが的確かどうかも分かりません。結婚相談所の成婚率を見る限り秀でた所はあるのだと思いますが、正直そこまで高く無いのが現実なのです。

結局の所行動するのは貴方なのです。

貴方の年齢が40間近であれば結婚相談所でケツに鞭を入れて貰うのは有りだと思います。

ですがまだアラサーや30代に突入したばかり、32前後でしたらネットの出会い系やマッチングアプリを通して女性を勉強すれば、結婚相談所や婚活パーティー、街コン等で女性とお近づきになれるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この手順は簡単そうに見えて結構時間が掛かる事だと思います。

最低でも1年は下積み期間は欲しいです。しかし、出会い系やマッチングアプリで経験を積めばどの場面でも効力を発揮する下地が出来上がります。

これは非常に大きい事で、結婚相談所のコンシェルジュのアドバイスを素直に受け止められるしそれを発揮する事も出来ます。

つまり、何でも経験なのです。

しかし、経験を取得するのに時間が掛かる。これは当然です。

なので、婚活は早め早めに行動する事が大事なのです。

こちらの記事に早く動く事の重要さを説いてます。

年収は簡単には増えません。しかし、早く動いて若さを武器にして婚活市場を戦うのは間違いなく大きなアドバンテージになります。

年収1憶あったとしても、年齢は変えられないのです。

ならば、年収が低いと自覚があるのなら早め早めに恋人をゲットするために、出会い系に登録し、行動を始めるのが数年後に後悔しない為の選択なのだと自信をもってお勧めできます。

特にハッピーメールは業者やサクラが跋扈してますが、中には普通の女性もいます。そして気軽に長く利用できるのもお勧めです。

また、月額課金で良くあるのが解除し忘れで永遠に料金が掛かる事も無いので、利用しない期間があっても料金が掛からないのが良いです。



こちらの記事でハッピーメールをレビューさせて頂きました。

一歩勇気を出して是非良き婚活ライフを。

あ、因みに登録は無料です。それでは

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 田舎オタクの出会い , 2019 All Rights Reserved.